FC2ブログ

マルチネックストラップ

DSCN6554.jpg《マルチストラップ》

いいものが出来た。
自作としては、久しぶりのヒット商品。
お正月は人気上々で嬉しくなった。


革細工の世界は面白いもので、
ネット販売が活発になったことで
独創的な製品をあまり目にすることが
なくなってきた。

何故か?
書かなくてもお分かり頂けると思うが
そのままデザインを盗んでしまい
製作してしまうことだ。

プライドも何もあったものではない
とにかく売れそうなデザインのものがあれば
即、製作。  販売にいたる。

最近、このようなことを頻繁に感じてしまう。

わたしが革に興味をもち
聞きつけた情報に遠くまで
足を運び、そのデザインの面白さに(差別化された)
こころ躍らせたものである。

しかし、最近はネットで検索すると
メーカーこそ違うが
同じデザインのものがやたらと目に付いて
しまう。これも時代の流れか!?

それともデザインが限界にきて
繰り返しになっているのか?
複雑な気持ちである。

この写真のストラップは昨年の七月に
製作しものである。
たったこれだけのものに随分頭をひねらせ
苦労させられた。

名前は「マルチネックストラップ」

首から掛け、用途は携帯、ネームカード、Ipot、カギ、お洒落なネックレスとして
色々なものが便利に提げられる。 

まさにマルチネックストラップなのだ。

モデルになってくれたのは子供の頃、心躍らせてくれた昆虫の王様
 「クワガタ虫」である。

よおーく ご覧頂きたい。  なるほどなら  うれしいねぇ!

テーマ : 自己満足なんだっ!!
ジャンル : ブログ

さぁもう一段ハシゴを登ろう

湯布院の町kaxtuto  026.JPG2小《ある日の湯布院の風景》

《さぁもう一段 ハシゴを登ろう》

先人、また人様からの知恵を素直に学び、
自己向上のために積極的に取り入れ

 決して意固地や自己中心にならず、

まして、驕りたかぶることなど無きよう

「一粒の雪は見えずとも、降り積もる雪には存在感あり」

このような努力をして行きたい。

このように人生を大切に過ごしていきたい。

家族をはじめ、日々、支えてくれる仲間の皆さんに感謝し、
そのことに報いるためにも私は今日も元気で頑張ります!

“さぁもう一段ハシゴを登ろう”

 感謝

テーマ : 過ぎゆく毎日
ジャンル : ブログ

寒椿

寒椿《散歩道からの一枚携帯で》


身も凍る寒さの中で

真赤な顔をして“凛”と咲く寒椿。

私にも寒椿ほどの力があれば、

この厳しさにも右往左往することなく

“凛”として時を

過ごすことが出来るのだろう。


毅然とし“凛”としたその表情は、

厳しさに耐え忍び、命をつないできた

先椿からのおくりもの。

「凛と咲く」 

なんと素晴らしい響きなのだろう。「寒椿」


テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

さぁ 元気出して

花キャベツ2《通勤途中の花キャベツ》

今日の写真は
通勤途中に咲く花キャベツです。

綺麗でしょう!!

しっかり葉を広げています。
皆さん不景気に負けていませんか?
しっかり、手を広げていますか?

2009年1月3日

新しい年を迎えましたが
やはり厳しい景気を反映してか
静かです。

いったい どうなっていくのだろう・・・・。?
と言った感じです。

メディアも元旦早々から、あまり
暗いニュース(企業倒産、解雇などなど)ばかり取り上げないで
少しでも明るいニュースを中心にバンバン流してくれたほうが
景気は上向くと考えるのですが・・・・!?

何故か、とりつかれたようにテレビは暗いニュースばかりです・・・・。

知らないでもよいところまで
ニュースで教育され
何も感じてない方まで
「不景気、不景気、厳しい、厳しい」が口癖

そんなにつぶやくと人間 悪い癖がつきますよ!
といいたい程です。

このなところでブレーキ踏まなくてもいいですよ
と思いつつも
ついついブレーキを踏んでしまう感じです。

益々買い控えはエスカレート
買える人まで買えない人に気を使い

これってやはり最悪ですね

あくまでも私の見解ですが
こんなスタートで2009年
大丈夫なのかよ  

店頭で一所懸命(一生懸命)に物売りをしていると
このようなことを肌で感じます。

皆さん
あまり嘆かないで
元気な声を出してくださいね。

“から元気”が好景気を呼びますよ
時には“NO天気”もいいんじゃないの
どうですかね。

こんな時代には少し不感症のほうが
幸せかもね。

2009年お正月 今年のテーマ「意識改革」

さくら小 038

正月から素晴らしい日記との出合いがあった。
今の私に一番必要なことかもしれないと感じ
ここに書かせていただくことにした。

このようなことが必要な人も多かろう
「精神の大手術」である。

これで今よりも一歩先が見え、
一歩先を歩くことが出来れば
2009は善い方向に向うことは間違いないだろう。

 今年のテーマは「意識改革」

ちなみに桜の写真は昨年の春、家の近くで私が写したものである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

若くないと難しいこと、無理なことがある。
  20代・30代・・・40代はぎりぎりかもしれない。

 人間は一体いくつまで「意識改革」が可能なのだろう。
ということは、その人間がいくつまで自分の“人生に夢”を持ち続けることが
 できるかによって決まる。
だからその年齢は人それぞれだ

 だが言えることは、本当に自分の人生に夢がある人間は
 (自分の人生をあきらめていない人間は)
 「意識改革を受け入れる」ということだ。
 
 今の自分と、夢(理想・目標)の間のギャップを認識し、
 自分をこう在りたいと思う人間に成長させていきたい、
 こうありたいと思う人生に近づけていきたいと思うなら、
 自分の「意識改革」を受け入れるしかない。

 だが、一般的には、多くの人間が、年齢を重ねると共に
 ひとつずつ、自分の人生に夢を失っていく。そして
 自分はこうだという思い込みがますます強くなって、
 むしろ、もう変わりたくないと思うようになる。

 そして多くの人が、50代になると、後はなんとなく
 このままいければいいかな・・・と守りに入る。
 漠然としたあきらめだ。

 成功の意味や定義は人それぞれだ。
 だが年齢を重ねて幸せな人生を送る人間は
 「意識改革」を続けてきたはずだ。

 実は「意識改革」のきっかけは誰にでもある。
 だが、それをつかむか。つかまないか。
 それで人生が変わる。


私の場合も人生中盤にさしかかった頃、初めて参加した自己啓発のセミナーが
自分のその後の人生を変えたきっかけになった。

受けるまでは、まったく期待していなかった。
いろんなことを頭でわかっている「つもり」だった。
世界を知っている「つもり」だった。
自分を知っている「つもり」だった。
でもそこではっきりと気がついたこと。

実は自分が狭い視野でしかモノを見ていなかったこと。

自分がプライドと狭い世界で生きてきた人間であったこと。

人との心の壁が厚く、無意識に人を排除してきたこと。

色々な思い込みで生きてきたこと。

人から見た自分は自分の思う自分とは違っていたこと。

頭でわかっているということと、心でわかることは違うこと。

自分がどんな人生を送りたいかということ、そしてそれなら
どういう風にしていかなければならないか ということ。

そして、それ以来、人を見る目が変わったこと。

こだわりと偏見だらけだった自分が、人を受け入れ始めたこと。

そして、かけがえのない仲間と、過去の自分では築くことができなかったであろう
本物の人間関係を築くことができたこと。

自分の夢が、歳月を経て、昨年叶ったこと。
そしてその実現は、その仲間の助けなしには成し得なかったこと。

そしてこのような意識改革による達成感を出来るだけ多くの人に体感して頂くために
今日も誰かの背中を押さないといけないこと。
人の幸せは、
可能性のきらめきは、本当に果てしない。
その果てしなさを、
どうやって伝えればいいのだろう?

その人(誰か)が年齢を重ねて、なお、
人生は果てしなく豊かで幸せだと思える、
そんな人生の転機になれるだろうか?

なれるといいなと、心からそう思う。

本当の自分をまだ知らない人に、
どうすればその人の素晴らしさを
伝えられるのだろう?

プロフィール

AGO だんな

Author:AGO だんな
福岡にある革専門店「Leather & Silver AGO」のだんなです。

【自己紹介】
*名前 :AGOの 旦那
      (あごの だんな)
*性別 :男性
*誕生日:19●●年5月
*血液型:AB型
*出身地:大分県
*趣味 :カメラ・将棋
     革もの収集・旅
*座右の銘 :
 雪、霜に耐えて梅花薫る
 (高校の部活の監督からの色紙)

*大切にしている考え:
 ①全ての結論は調査の前に
あるのではなく
   全ての結論は調査の後に
ある。(毛沢東毛語録より)

 ②健康が全てである。
   健康がなければ、あなたの
価値あるものの全ては
   色あせてしまう
   (人生の師より)

*会社 :1988年設立 
  有)BITMAP International

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
時計
アクセスカウンター